人気急上昇!その理由は?

蓄電池付太陽光発電システムの人気が高まっている理由は、
なんと言っても東日本大震災の影響です。

今回の東日本大震災や福島第一原発の問題で、私たちがいかに電力に頼って生活をしているのかが、はっきりと示されました。

被災地だけでなく、計画停電が実施された都心部でも仕事や生活に大打撃をうけました。

この影響から、多くの人が電力会社に頼るだけでなく、自分たちで電力を確保しようとして、この蓄電池付太陽光発電システムに注目が集まったのです。

今後この蓄電池付太陽光発電システムの需要はさらに拡大されることが予想されます。

その理由は大きく2つ。

  • 原子力に変わるエネルギーの転換が求められている
  • 政府も2020年ごろに現状の20倍以上の普及を目指している

それ以外でも、一時は関東方面でも「計画停電は行わない」と発表されいましたが、また「計画停電をするなら23区は対象外」というニュースが発表されるように、計画停電については不透明な部分が多いのも普及が加速する要因になりそうです。

東日本大震災のような超大型の天災は、次にいつ訪れるかはわかりません。
だからこそ、今回の震災の反省を無駄にしてはいけないと考えています。

「備えあれば憂い無し」というように、太陽光というどこでも手に入れられるエネルギーを活かしたシステムを利用し、常に自分の生活を守れる環境はしっかりと整えておくことをオススメします。