太陽光発電について

太陽光発電と蓄電池

太陽光発電と蓄電池

東日本大震災の影響もあって、急激に自然エネルギーに対する関心が高まりました。特に太陽光発電とその電力を貯める蓄電池については注目が集まっています。では、太陽光発電の仕組みとはどのようなものなのでしょうか?電気を作り出す仕組みと、その特徴についてわかりやすく解説していきます。

太陽光発電の発電量

太陽光発電の発電量

太陽光発電ではどれくらいの電気を作り出すことができるのか?1日の生活をまかなうだけの発電量があるのか?システムの導入を考えている方が最も気になるポイントについて説明をしていきます。

導入までの流れ

導入までの流れ

システムの導入するまでには、どのような手続きをしなければいけないのか?また、どれくらいの日数がかかるのかを、導入の流れに沿って説明します。それぞれの工程における注意点などについても併せて記載していきます。

雨や曇りの日にも使えるのか?

雨や曇りの日にも使えるのか?

「太陽光発電システムって、雨や曇りの日でも発電することはできるの?」些細なことのように感じるかもしれませんが、かなり気になることだと思います。また、発電システムについて知っておい欲しい情報もここで紹介します。

停電の時でも利用できるの?

停電の時でも利用できるの?

基本的に太陽光発電システムは電気の力でシステムを動かします。では、急に停電になったらシステムを利用することができないのか?答えは「No」です。停電時にもシステムを動かす方法はちゃんとあります。しかし、この停電時にシステムを動かす方法はあまり知られていないケースが多いのです。どうやったら停電時でも使用できるのか?動かし方を教えます。

発電した電力を売る方法

発電した電力を売る方法

太陽光で発電した電気は電力会社に売ることができます。売ることができるのは発電した電気のうち、生活で使用しない余剰電力分です。では、この余剰電力はいくらで売ることができるのか?電力を売ることも考えている方は是非読んでおくことをオススメします。

電力を売ることで、いつから元が取れるのか?

電力を売ることで、いつから元が取れるのか?

太陽光発電システムを導入するのには数十万円~数百万円の費用がかかります。この費用はシステム導入後に電力を売ることで元が取れると言われています。では、いつから元が取れるようになるのでしょうか?導入にかかる費用と電力の販売から、元が取れるタイミングについて考えていきます。